アクリル絵の具が乾燥してしまって描きにくい人へ

ちらほらアクリル絵の具が乾燥して

描くのが間に合わないっていう悩んでいる方を

見かけたので記事にしようと思います。

 

表現によるので自分で試して合う方法を探すしかないです。

ですが、私の思いつく試してみたらいいなと思うところを

書きますね。

f:id:umberartwork:20211013225159j:image

 

 

 

①ウエットパレットを使う

 

②パレットの上に絵の具を乗せる位置にキッチンペーパーを湿らせたものを置いて、その上に絵の具を乗せておく。ラップでカバーすると尚乾きにくい

 

③筆を見直す

(動物性の筆は水含みがいいので乾燥が水分で遅れます。その他いろいろな筆がありますので表現に合わせてください)

ちなみに私はインターロンという筆を使っています。こちらはナイロンですが形状記憶もあり使いやすいナイロン筆です。好んで使っています。

 

④霧吹きを使う

 

⑤キャンバス・紙に画面上で水はけで湿らす

 (私は動物などの描写的に描きたい時は一度背景に近い色を薄めた水を画面に塗ります。)

 

⑥乾燥を遅らせるメディウムを使う

 

自分に合った方法を試して表現を広げるのに使ってみてください。

 

後、アクリル絵の具と不透明になるアクリルガッシュというものは同じアクリル樹脂でも違いがあります。

ガッシュについてはポスターなど平面的な描写向いていますし不透明です。

油絵のように盛り上げして描きたい時はアクリル絵の具をお勧めします。

 

画面上で乾いてしまって困る時と、パレットの上で乾いてしまって困る時とさまざまだと思いますが。

こればかりは絵描きさん自身がどんどん試して自分に合った方法を探すしか無いと思ってます。

少しでも参考になれば幸いです。

 

f:id:umberartwork:20211014072924j:image

今日は曇り空を描きました。(編集しました)

すいません。

では、この辺で

 

10月23日まで作品展示、販売

カフェ&ギャラリー パティーナ

 

Instagram @umber.um.1065

 

楽天ルームさん

 

Casie(かしえ)さん「Umber」で検索

 

ミンネギャラリー(予告なく休止することがあります)