宿題を嫌がる小学生の娘と宿題を楽しむ工夫を考えてみた。

ども、4月の疲れもあって5月病健在の我が家です。

 

塾の春季講習の宿題は進んでやってたのですが

学校の宿題は荷が重く感じるようで進みません。

 

宿題てのは楽しくないもんですが、やらねばならぬと本人はわかっているので

宿題終わるまでテレビゲームはできないルール以外は特別には叱ってはきませんでした。

 

声かけとしては、「いつごろする?」と本人に決めさせてました。

 

しかし、宿題の取り組みをもっとスムーズにいかないかなぁと考えてみました。

 

母は家事が苦手である。娘は学校の宿題が苦手である。

 

では、お互い競争にしようと。タイマーセットしてどちらが先に終わらせることができるかを

一緒に競争してみよう作戦。まずは20分タイマーセットしてチャレンジしました。

親は晩御飯の準備とか皿洗いとか洗濯たたみとかでもいいし。読書でもいいと思います。

タイマーが鳴ったらどこまで出来たかお互い発表し合います。

 

宿題タイムをゲーム化しようってことです。一緒に楽しもうっていう流れを作ってみました。

 

f:id:umberartwork:20210513090152j:image

 

そしたら意外や意外スムーズぅ

 

何時ごろやるか決めておいて、「宿題競争タイム」を作り

遊びの延長にしてみることでお楽しみタイムに変わりました。

 

宿題なかなかやってくれなくてイライラするお母様いらっしゃいましたら

こうゆう親子もおりますんで

 

お試ししてみてくださいね。

では、この辺で

 


 

 

Instagram @umber.um.1065

 

楽天ルームさん

 

ミンネギャラリー