ウィンザーアンドニュートン、プロフェッショナル水彩紙のサンプルモニターしてみた

水彩紙のサンプルいただきました。

細目、中目、荒目と各一枚づつですね

 

細目は色見本に使わせていただきました。

 

中目が一番皆様使われるのではと思うので、OhuhuさんというAmazonさんで激安で見かける紙と比べてみました。

私の作品のよしわるしは置いておいていただいて、少しでも参考になれば幸いです。

 

f:id:umberartwork:20210510084601j:image

↑左ohuhuさん 右W&Nプロ さん

 

わかりますかね?滲み方が違います。

W&Nプロでは、ほんわかと柔らかい滲みが出ました

f:id:umberartwork:20210510085006j:image

↑左Ohuhuさん 右W&Nプロ

 

違いがわかりますか?

 

W&Nプロフェッショナル水彩紙は繊細な感じでぼかしで柔らかさが表現できる

2枚とも描き方は同じで水で紙を湿らせてから絵の具をのせて描いてます。

発色を損なわず、綺麗な滲みのグラデーションが出るところが強みだと感じました。

それなりにお値段しますが、滲みの柔らかさが本当に綺麗に出ます。

 


 

 

代わってohuhuさんの場合、水の吸い込みが違います。はっきり色の境目が出やすい

ぼかしを生かした表現には不向きなのではと思いました。なので、はっきりとした線の絵を描きたいときに

向いているのではないでしょうか。

 

↓ohuhuさん水彩画用紙

 

 

 

参考になりましたでしょうか。

 

 

荒目の紙でおまけのくまやまさん

 

f:id:umberartwork:20210510090814j:image

 

 

水彩で描いた後に紙の荒さを生かして水彩色鉛筆で重ねて描いてみました

 

プロフェッショナル水彩紙のホワホワ〜っとした滲みの良さが伝わるといいなと思うサンプルでした

貴重な経験させていただきました!ありがとうございます^^

 

ではこの辺で

 

Instagram @umber.um.1065

 

楽天ルームさん

 

ミンネギャラリー