水彩絵の具を取り出して近年使っていた紙の色見本まとめてみた。

ども、ごろごろGWを過ごしていたアンバーです

なんと、ポケーっとしてたらウィンザーニュートンさんのプロフェッショナル水彩紙のモニターに当選しておりました!

バンザーイ!!

 

f:id:umberartwork:20210501204900j:image

 

というわけで、再び水彩絵の具を取り出しまして

まずは、過去に買った紙を水彩色見本を作ることにしました。

(モニター当選した紙のレビューは後日いたします^^)

 

 

絵の具はW&Nさんのものと、別メーカー数点

オリジナル配色パレットから見本作りです

水彩は久しぶりだ。

 

持論ですが水彩画は紙との相性で決まると思ってます

(ちなみにコットマン、アルシュなど使用経験あり)

 

今回の紙は

①マットサンダース

②ヴィフアール細目(マルマンさん)

③Ohuhuウォーターカラーパッド

④マルマンスケッチブック

 

f:id:umberartwork:20210501205313j:image

比較しやすいように③④は同じハガキサイズにカットしました。

 

同じ絵の具でこうも発色も変わり、滲みも変わる。

もちろん紙の厚みも変われば紙の色味もそれぞれ違います

自分に合った紙を見つかると水彩絵の具が楽しくなる

 

 

Ohuhu(おふふ)というメーカーは最近知ったもので

Amazonさんで見かけます。激安なんですよ。

紙も比較してみると発見があると思います。

 

ウィンザーアンドニュートンさんのプロフェッショナル水彩紙がどう違うのか今後楽しみです。

 

私の場合ですが

アクリル絵の具で描くのと水彩絵の具で描くとなると話は別。

アクリルはそこまで紙質を気にしなくても描ける。

 

長々とマニアックな話が続いてしまいました。

では、後日作品を出しますのでよろしくお願いします^^

 

Instagram @umber.um.1065

 

楽天ルームさん

 

ミンネギャラリー