ワンちゃん描く前にメーカで黒を使い分けている話

前回、黒いワンちゃんを描きます!と書いたのですが

その前に生意気ながらメーカーによって使い分けている話をしてみたいと思います。

 

2種類今回ありましてターレンスさんのアムステルダムランプブラック702の120mlと

リキテックスさんのベーシックス マースブラックB−057の118ml

f:id:umberartwork:20210307082920j:image

写真ではわかりにくいかと思いますが

硬さが違うんですよ。私の見解なのであくまでも私からみてーってことで

ご了承ください。
f:id:umberartwork:20210307082928j:image

ターレンスさんの方が柔らかいんです。

リキテックスさんの方が盛り上げやすい硬さ。

 

で私はドローイングや平面的な絵、例えばこれ↓

f:id:umberartwork:20210307083402j:image

このように紙に描いて、ぼかしをたくさん入れたいとか水彩や墨汁のような感じに書きたい時は

ターレンスさんのアムステルダムを使って描いてます。

逆に盛り上げたいとか、キャンバスに立体的に描きたいなって時はリキテックスさん

 

で、まだターナーさんのU−35という商品を試していないのですが画材やさんに入荷あるのか確認してもらってます。

今後、変わるかもしれませんが

現在の黒の絵の具は使い分けをしてみているよっていう話でした。

 

ではでは。

 

Instagram @umber.um.1065

 

楽天roomさんhttps://room.rakuten.co.jp/umberartworkroom_ad697e2181/items

 

ミンネさんhttps://minne.com/@yellow-home